1080 910 gashi
表現の可能性を追求するクリエイターギルドチームメンバー募集

ーなぜやろうと思ったのか?

ダンスやアートなど、クリエイティブなことで生きていけることを証明したい

3歳の頃からピアノをやり始め、小学校の頃からエレクトーンをやっていった。そこで音楽を演奏することや作曲することを通して、「作品を0から作り上げていく」という楽しさを覚えた。
高校生になると、その表現方法が音楽からダンスという身体表現に変わっていった。中学校時代に寮の文化祭でPerfumeのモノマネをしたことがきっかけでストリートダンスに興味が湧いてきた。表現方法は変わったものの、これまでの音楽経験も生き、リズム感や曲の雰囲気などに対するアプローチは早かった。そうしてだんだんと本気でやっていくうちに、「ダンスで仕事をやっていきたい」と思うようになった。
大学生になり、サークルだけではなく一般のチームにも所属し、コンテストやショーケースなどの場数を踏んでいくにつれて、ダンスと仕事という距離感がどんどん近くなっていった。しかし、同時にダンス界の現実も突きつけられることになった。例えば、インストラクターをやる人の半分ほどが、講師をやりながらバイトをしているという現実だ。また、こういうエンターテインメントに対する投資が他国と比べても圧倒的に低いこともわかった。それゆえに、「ダンスを仕事にできるのはほんの一握りだ」という印象を受けてしまった。実際、それが理由でダンスの道を諦め、一般職についた友達も何名かいる。
そういった経験を踏まえて、「自分の持っている能力を評価されずに仕事にできない環境はおかしい」と思うようになった。
ダンスを始めとして、アートやシンガーなど、「1からクリエイティブな世界を作り上げるエンターテイナー」は、日本に置いてしばしば下に見られがちた。しかし、そのようなエンターテインメントがあるからこそ、表現の幅が増え、この世の日常に新たな”色”を提供できると信じている。
「クリエイターとして、アーティストとしていきていける環境を作る」これが、自分が立ち上がった理由である。

続きを読む

ーどうやって実現するのか?

プロのクリエイター集団ギルドの形成

「ダンサー」「シンガー」「現代アーティスト」「映像クリエイター」「DJ」などなど、様々なジャンルのクリエイターとの繋がりを持つことで、自分自身の「アーティスト」としての世界観を確立します。そして、そのことによるファンの獲得を行います。
理想としては、
- イベント出演
- 企業CM出演、演出、コラボイベント
- 作品制作
などの依頼を集団で請け負うことができるようなギルドチームの作成です。

なお、「クリエイターとして、アーティストとしていきていける環境を作る」という条件さえクリアすれば、方法は問わないようにしています。ですので、一緒に1からプロジェクトを一緒に考えてくれる仲間が欲しいです。

プロジェクトで集めている仲間

その他

何かしらの創作活動を行なっているクリエイター。

プロジェクトへの参加方法

GASHIとカジュアルトーク

オンラインまたは直接お会いして、お互いの価値観や世界観を共有する時間を設けたいと思っています。

参加リクエスト

応募画面に移動します

プロジェクトを応援