1080 910 %e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b31
セールスシェアリング

ーなぜやろうと思ったのか?

世の中のセールスの仕組みを変革させたい。

私たちは大人になって、社会人になって、枠の中で働く。
自分はそんなものが嫌で事業を立ち上げました。

現在は奄美大島で地ビール事業やサイダー事業を行っています。

島の中にも小規模で事業を行っている事業者さんたちと出合い話をする機会が多々あります。

美味しい食品や青果を作っている事業者を見かけます。

しかしその事業者たちが声を揃えて言うのは、

「販路がない」

これは販路がないのではなく、自分の人脈がないということです。

ではゼロから人脈を気付いていたら、どうなるのか。

どうなるのか未知数です。

だから小規模事業者はモノ売りで言えば、卸売業などに商品を卸して商品のセールスの支援をしてもらいます。

そうなることで事業者はどんどん薄利となり経営負担が大きくなります。

ではこの仕組みを使わず新しい仕組みで事業者が営業活動を行えるようになったらどうなのか。

現在は、

「B to B」

未来を

『B to C to B』へ;

そんなスキームをつくりたいと考えています。

続きを読む

ーどうやって実現するのか?

セールスシェアリングエコノミー革命

自分の資源に向けて目を向けたことはありますか?

大切な資源の一つ。

『人間関係=人脈』

どんな人と知り合いなのか。

もしかするとある人は、大手のA社に勤めている友人がいませんか?
ある人は、後輩があの有名なベンチャーのB社に勤めていませんか?
飲み屋で知り合った飲み仲間が実はすごい経歴だったり。

自分の人脈を棚卸したことって意外にないと思います。

あなたの人脈を活かせる仕事(副業)があったらどうでしょうか?

☆☆このプロジェクトの構想をご説明させていただきます☆☆

このプロジェクトを実現するためには3役(B to C to B)必要です。

①商品を世の中に売り込みたい「事業者」(B)

②①の事業者の商品を自分の人脈を通じて売り込む「橋渡し役」(C)
※一般の消費者がこの橋渡し役に登録することができる。

③①の事業者の商品を仕入れる「クライアント」(B)

の3役となります。

【このサービスのメリット】
AA)①の事業者は自分が動かなくても商品の営業役が世の中に増える。

BB)②の橋渡し役は契約を成立させた時点で①より謝礼を受けることができる。

CC)③のクライアントは自分の知人からの営業を受けることで、心置きなくフィードバックをすることができる。

という構図を想定しています。

プロジェクトで集めている仲間

エンジニア

このシェアリングサービスに共感してくださり、WEBやアプリで具現化できる人。

デザイナー

このシェアリングサービスに共感してくださり、WEBデザインができる人。

プロジェクトへの参加方法

1度2時間MTGをしませんか?

このプロジェクトのブラッシュアップや進め方、協力体制などについて話し合いを行う場を設けたいと考えています。

参加リクエスト

応募画面に移動します

プロジェクトを応援