1080 910 applause audience band 196652
会話が生まれるチケットアプリで持続可能な音楽社会を作る

ーなぜやろうと思ったのか?

アーティストとリスナーの価値あるコミュニケーションの機会を作りたい

株式会社フューチャープロジェクツCEOの柳田豪太です。
僕たちの会社では「持続可能な音楽社会を創造する」ことをミッションとして掲げ、
・発信すべきメッセージやコンセプトを伝えるコンセプトフェスの開催
・アマチュアアーティストが目指す未来を実現するためのビジネス面でのサポート
などを行ってきました。

そんな僕たちがこれから新たに着手するのが、チケットアプリです。

アーティストとリスナーの間には、公的なSNS、クローズドなファンクラブ、そしてライブという3つのコミュニケーションの機会があります。
ところがこれらの3つの機会というのは、お互いにコミュニケーションを取るというよりは、アーティストからの一対多数、かつ一方向的な働きかけであることが多いです。

そこにチケットアプリというツールをもって介入することで、アーティストとリスナーがより密に、そして近い距離でコミュニケーションを取ることができるようになればと思い、今回のプロジェクトを起案しました。

アーティストはリスナーの声をダイレクトに受けとることができ、リスナーはアーティストをより身近に応援することができる。
そんなサービスを作っていきたいと考えています。

続きを読む

 1020 724 acoustic guitar box guitar guitar 60783

ーどうやって実現するのか?

SNSとチケットサービスのメリットを融合させたアプリを作る

僕たちがこれから開発するチケッティングアプリでは、次の3点において競合となる他サービスとの差別化を図ります。
①ファンとアーティストが交流できる
②新しいマネタイズの手段
③チケット販売手数料ゼロ

①ファンとアーティストが密に交流できる
SNS機能によって、リスナーとアーティストがより近い距離でコミュニケーションを取ることができるようになります。

②新しいマネタイズの手段になる。
アプリには【ギフトを贈る】【差し入れを贈る】【スタンド花束を贈る】といった支援アクションが用意されています。
このアクションはアプリ内でボタンを押すことで実行できるのですが、面白いのは支援アクションがアーティストのもとに現物で届くところ。
例えばアプリ内で【スタンド花束を贈る】という支援アクションを取ると、ライブ会場に行くと支援した人の名入りのスタンド花束が用意されます。
今までアーティストの収益となるのはチケットの購入料金だけでしたが、そのマネタイズの柱を複数に増やすことができます。

③チケット手数料ゼロ
これらの機能はすべてスマートフォン1台で完結するように設計します。
複数の機能がひとつに合わさった今までにないチケットアプリになります。

アマチュアでもかっこいいアーティスト、実力を持っているアーティストはたくさんいます。
音楽と共に仕事を作ってきた僕は、それをずっと肌で感じてきました。

チケット領域でシェアを獲得することができれば、アーティストのマネジメントやイベントなど、僕たちが音楽に対してできることはもっともっと増えます。
このアプリを通して、そんな風に音楽を愛してやまない人たちの可能性と活躍できる機会を広めていきたいです。
持続可能な音楽社会を創造していくために、どうか皆さんの力を貸してください。

 1020 724 mail postcards ticket 6100

プロジェクトで集めている仲間

デザイナー

・ビジョンに共感してくださる方 ・スタートアップや新規事業に興味のある方

エンジニア

・ビジョンに共感してくださる方 ・スタートアップや新規事業に興味のある方

プロジェクトへの参加方法

一度MTGさせてください!

まずは、お互いのことを知り合って、今後のことについてお話させてください!

参加リクエスト

応募画面に移動します

プロジェクトを応援